感情よりも、本質が求めることに忠実に。

今日は、つぶやき的blogです^^

あなたは、ものごとを選択をするとき、何を基準に選択していますか?
 

わたしたちは、日常の中で、選択の連続を繰り返しているわけですが、

その選択が、本当に正しかったのか?

それは、いつも、結果でしかわかりません。

しかし、

いのちは、有限なので、選択の精度は、上げていく必要がある!

と、常々、感じます。

 

では、どうしたら、精度が上がるのか?

それは、try & error を繰り返して、学習していくということが一般的には、言われていますが、

 

見極めるには、

自分自身の本質やものごと・できごとの本質。

もっと、嚙み砕いで表現するなら、

奥深くにキラリと光るそれらの声を現実世界に反映すること。

 

が、必要です。

 

でも、人間には、感情という機能が備わっている影響で、

感情がバイアスとなり、本質を見失うことが、しばしば。

 

そんなとき、冷静に、振り返ってみると

感情で選択したときと、本質が求めることの違いというものが浮かび上がってきます。

 

感情で選択したこと

  • もろく、壊れやすい
  • お金が原因で壊れる
  • 乱れやすい
  • 移ろいやすい

本質が求めること

  • 疑いがない
  • 絶対的な安心感
  • ゆるがない
  • しっくりくる

いかがですか?

 

参考になれば、幸いです。