アーユルヴェーダときいて、どんなイメージが浮かびますか?

「おでこに、オイルを垂らすやつでしょ?」
「デトックスに有名なのだよね?」

はい。どれも、正解です^^

アーユルヴェーダ(Ayurveda)とは?

アーユルヴェーダとは、

サンスクリット語のAyuh(生命)とVeda(知識・学問・真理・科学・知恵)を組み合わせて

「生命の科学」「生活の知恵」などと、日本語では、言われています。

今から、約5000年前にインド周辺から伝承されている医学で、

現在でも、WHO(世界保健機構)が、世界3大医学として奨励している代替療法のひとつです。

 

元のルーツは、紀元前15世紀頃、バラモン教の経典の「ヴェーダ」です。

「ヴェーダ」の教えは主に4つに分かれており、

生命についての集大成が「アーユルヴェーダ」です。

 

個人的な発祥者はおらず、

様々な形で古代のエリート間で「教え」として言い伝えられてきたものが、

後に文献としてまとめられました。

 

ヴェーダの教えは、

たとえ地球が消滅したとしても、必ず伝承され続け無くならない。

それは、宇宙に秘められた「真理」であるから。

と、言われています。

 

アーユルヴェーダは、単なる病気を治すための医学ではありません。

アーユルヴェーダとは、【人間が幸福に生きるための智慧】なのです。

 

病気があるとか、ないとかではなく、

それぞれの“いのちの個性”を活かすための智慧が詰まった教えです。

 

そのため、西洋医学のように、部分に重きを置く療法ではなく

 

健康や長寿、若返りのために

不要な毒素を排出し、生命エネルギーのバランスを整えることや

 

1日の過ごし方、食事、性質、宇宙の原理、心理学、哲学、子育て、パートナーシップなど、

生きることにまつわる全般に関わる内容を統合的にみていきます。

 

stellaでは、

もともと備わっている“いのちの個性”が、より輝きをますよう祈りを込めて、

サービスをご提供させていただいております。